浮世絵で見る江戸・早稲田

第1回 高田姿見のはし俤の橋砂利場〜その1

語り手:大江戸蔵三
都内の某新聞社に勤める整理部記者。三度のメシより歴史が好きで、休日はいつも全国各地を史跡めぐり。そのためか貯金もなく、50歳を過ぎても独身。社内では「偏屈な変わり者」として冷遇されている。無類の酒好き。

聞き手:高田なぎさ
都内の某新聞社に勤める文化部の新米記者。あまり歴史好きではないのだが、郷土史を担当するハメに。内心ではエリートと呼ばれる経済部や政治部への異動を虎視眈々と狙っている。韓流ドラマが大好き。

面影橋か姿見橋か

こんにちは、大江戸さん。文化部の高田です。今度都内版で「早稲田今昔」っていう企画を始めるんですけど「そういう企画なら、まずは大江戸さんに聞いてこい」ってウチのデスクが言うもんですから、整理部の方へお邪魔したっていうワケです。それにしても、大江戸さんって変わった名前ですね。なんかの芸人みたい。

それは江戸屋猫八のことか?失礼なヤツだな。キミだって売れない演歌歌手みたいな名前じゃないか。ワタシはこう見えても忙しいんだよ。キミと付き合ってる時間なんかないの。さぁ、帰った、帰った。

まぁ、そう言わないで。タダでお話を聞こうなんて思ってませんよ。デスクが「蔵三さんの好みだから探してこい」って言われて、これを苦労して見つけてきたんですよ。

おおっ、これは「獺祭」の大吟醸じゃないの!蔵元は山口の旭酒造だ。ここの酒は濁り酒も旨いんだ。いやぁ、これはなかなか手に入らないんだよ。ニホンカワウソ(獺) もいなくなっちゃったし。キミも生意気なだけかと思ったら、結構いいとこあるじゃないの。ところで、何を聞きたいんだっけ?

「浮世絵で見る江戸・早稲田界隈」っていうテーマです。江戸時代に描かれた浮世絵を見ながら、当時の早稲田とか新宿辺りの様子を想像してみよという…。

浮世絵ねぇ。えへへ。まずは一杯やってからだな。「面影橋から〜 天満橋〜 天満橋から〜 日影橋〜♪」



まだ仕事中じゃないですか。それに何ですか、その歌?。


六文銭が歌ってヒットした及川恒平の名曲『面影橋から』を知らんのか? もっとも、天満橋は大阪だし、日影橋なんて橋は存在しないから滅茶苦茶な歌詞ではあるんだけどな。それじゃあ、この歌は? 「ルールも〜 友だちも〜 約束もみんな棄てて〜 君をああこのまま抱いていたい〜 面影橋で〜♪」



知らな〜い。仮に知っていても、歌があんまりオンチだからわからなかったと思いますけど…。

うるさいよ。オンチとハゲは今さら治らないんだよ。これはNSPの『面影橋』のサビの部分だ。これも名曲だったなぁ。ところで、何の話だったっけ。あ、そうそう浮世絵か。ちょうど面影橋を描いた浮世絵がここにあるから見てごらん。

え〜、昔の面影橋ってこんな丸い橋だったんだ。


これは歌川広重晩年の傑作『名所江戸百景』の一枚だ。百景といっても実際には118枚あるんだけどね。これがヨーロッパに渡って画家たちに広まると、西洋絵画の技法にはない斬新な構図や色使いが話題になって、大変な「ジャポニスム」ブームになった。ゴッホが模写したことでも有名だね。

へぇ〜。描かれたのはいつ頃?



安政3年(1856)から5年(1858)というから幕末だな。ちょうど下田にハリスがやってきて、幕府側の岩瀬忠震なんかと日米修好通商条約を巡ってケンケンガクガクやってる頃だ。安政2年にはマグニチュード7クラスの安政の大地震があって、江戸の被害は甚大だった。だから『名所江戸百景』には復興の願いも込められているらしい。

地震があったなんて感じはしないわね。すごくのんびりして平和な感じ。

まぁ、そうなんだけど『名所江戸百景』にはいろいろ謎が多いんだ。実際には存在しないものが描かれていたり、場所の選び方がユニークだったり。この絵もタイトルが「高田姿見のはし俤の橋砂利場(たかたすがたみのはしおもかげのはしじゃりば)」っていうんだけど、広重の場合まず手前のもの、次に遠くのものというのがタイトルのルールだから、手前の神田上水に架かっている橋は「姿見の橋」で、奥の小さい橋が「俤の橋」、つまり現在の面影橋ということになる。

あれっ? 神田川に架かってるのが面影橋じゃなかったっけ? 姿見の橋なんて聞いたこと無いけど…。

さて、そこが謎だ。確かに現在は面影橋ということになっているけど、これは大正時代頃から定着した呼称で、それまでは姿見橋と呼んでいたという土地の古老の証言も残っている。実は面影橋と定めた根拠は徳川幕府が編纂した『新編武蔵風土記』にそう書かれているからなんだ。

幕府の文書っていうことは公式文書ってことでしょ。じゃあ、間違いないじゃない。

ところが、詳細な実地調査で有名な金鱗堂・尾張屋清七版の『雑司ヶ谷音羽絵図』には、姿見橋と記されている。現代風に言えば、区役所の地図とゼンリンの地図を比べたら橋の名前が違ってたってな話だな。

え〜、どっちが正しいの?



その話はまた次回、この酒を飲んでからということに…。

ページトップへ戻る